ジュメル アイクリームで目元にうるおいを!口コミとレビュー

HOME | レビュー | 美容液 | ジュメル アイクリームで目元にうるおいを!口コミとレビュー

 
 
突然なんですが、私はついつい目元をこすり過ぎてしまうクセがあるんです。
 
 
それでも20代までは色素沈着だけで済んでいたんですが、三十路を過ぎたあたりから、徐々に、皮剥けまで起きるようになってしまいました。こする刺激によって肌が弱って乾燥してしまい、更にかゆくなる……という悪循環なのかもしれません。
 
このままではしおしおの目元になって、瞼も下がってしまいそうなので、保湿して守るべく、アイクリームを使用してみましたよ。
 
オーガニックとは少し違うかもしれませんが、植物由来の成分を多く含み、18種の無添加ということで、今回はこちらでも取り上げてみます。
 
 

オーガニック認証

無し

使い心地

★★★★★

しっとりするけどベタつかない! 快適です。

保湿力

★★★★☆

乾燥の心配はほぼ無い。

香り 

★★★☆☆

無香料なので人を選ばずに使えそうです!

値段

★★★☆☆

元値は結構高いですが、定期便にしちゃうとかなり安くなります。

商品情報 

★★☆☆☆

かなりケミカルコスメ寄りですが、植物由来の成分が多く、18種類の無添加を実現しています。

総合評価

★★★☆☆

使い心地が良く、しかも満足な保湿感もあります。
塗った部分が痒くなることもなく、続けやすい値段であるのも嬉しいです。
オーガニックスキーさんにはややオススメし辛い部分もありますが、性能は文句なし!

 

ジュメル アイクリームを実際に使って感じた効果と口コミ

 

 
皆様ごきげんよう。
 
今回は目元の色素沈着と乾燥に耐えかねて、ジュメルのアイクリームを使用してみました。
 
元々私の瞼はアトピーが出ていたこともあり、非常に乾燥しやすかったんですね。
それなのに、寝起きや花粉症等で目元を強く擦ってしまうことが重なり、乾燥と刺激による皮剥け+乾燥+痒みが悪化してしまったのです……。
 
果たして私の瞼はふっくらとうるおいを取り戻して復活出来るのでしょうか。
 

 
 
 
商品名

tifi Jumel(ジュメル) アイクリーム
15g

価格

通常価格 8,618円 (税込)

定期便 4,298円 (税込)

 
 

■ジュメル アイクリームはどんな商品?

目元・まつ毛の悩みをトータルケアしてくれるアイテム。
80種類以上もの豊富な美容成分を配合。
目元のハリ、まつ毛の密度・コシをうるおいでケア。
印象的で若々しい目元に。

 

■ジュメル アイクリームはどんな人におすすめ?

『何か私の睫毛……減ってね?』と思うことが増えた。
乾燥で目元のシワが増えたかも。
マツエクしてるけどアイクリーム使いたい!
使い勝手のいいアイクリームを探してる。

■ジュメル アイクリームが届きました!


こんな感じで届きました~。

使用方法はすごく簡単。朝晩2回、スキンケアの後、目元になじませるのみ。

全成分です。

内容はこんな感じ。
・ジュメル アイクリーム本体
・アイクリームの使用方法
・挨拶状
・会報誌

 ■ジュメル アイクリームの使い方

 

朝晩のスキンケアの後、目元に使用するようです。
 
私は基本的に朝は肌の調子を見てスキンケアをしたりしなかったりなので、主に夜に使用しました。ちなみに、まつエクの方でも使用可能ですよ。
 
使用するのは1回に米粒大くらい。(これはテクスチャーを見るために多く出しています)
チューブから出しやすく、ちょっとだけ出てくるので量の調整もしやすいです。

 

クリームというより水っぽいジェルで、すごく伸びがいいです。オイルのように伸びます。無香料で、何の香りもしません。
 
全然関係ないんですが、公式サイトに私が見た時は
 
【惑わせる「瞳」へ誘う美活習慣。
釘づける視線 嫉妬される程のCuteな瞳が
捕えた視線、もう離さない。】

て書いてあって、ちょっと笑いました。
私もアトモスフィアのあるクールなアイで、ばっちりエブリワンの視線をキャッチしちゃいますよ。(ルー大柴か)

 

 

まつ毛全体と根本、目元の周りに、ほぐすようにマッサージしながら優しくなじませます。
 
ちなみに、眉毛にも塗るといいようなことが書いてありましたが、私の眉毛は恐ろしい成長速度でして、多分こんなの塗った暁にはサンタクロースみたいになることが予想される為、眉毛には使用していません。

すごく肌馴染みがよく、優しく肌に馴染ませた後は心地よいしっとり感があります。
ベタつきはほとんど感じないので、これなら季節問わずに使えますね。
 
何だかスペシャルケアって特別感があっていいですね。使ってて楽しいです。

■おはようございまーす。

 
起きてみて、問題の瞼をさすさす。……確かに、いつもよりしっとりしてる……気がします。
 
オーガニックに限らず、どの化粧品でも同じなのですが、翌日にすごく効果の出るものって基本的にはありません。勿論、これもそんなに劇的な効果はありません。
 
ただ、なんというか、やっぱりいつもより+αのケアをしているだけあって、うるおいがあるように感じます。

とりあえず毎朝起きる度に目が痒くて擦っちゃうんですが、使った翌朝は痒みが無くて、目をこすることはありませんでした。

このまま続けてみたらどうなるのか、期待大というところですね!

■ジュメル アイクリーム全成分

 

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、サポナリアプミラカルス培養エキス、ブドウ果実細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、ビルベリー葉エキス、ユズ果実エキス、アセチルテトラペプチド-3、加水分解アナツバメ巣エキス、イチョウ葉エキス、ソメイヨシノ葉エキス、キダチアロエ葉エキス、水溶性プロテオグリカン、ダイズ種子エキス、ナツメ果実エキス、パパイア果実エキス、アカツメクサ花エキス、マタタビ果実エキス、レシチン、ヒメフウロエキス、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、クダモノトケイソウ果実エキス、グルコシルヘスペリジン、アセチルヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス、スサビノリエキス、ポリクオタニウム-51、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、ビオチノイルトリペプチド-1、セラミドAP、セラミドNP、加水分解ヒアルロン酸、クエン酸、クエン酸Na、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、アセチルジペプチド-1 セチル、加水分解ケラチン(羊毛)、カミツレ花エキス、カンゾウ根エキス、センブリエキス、ダマスクバラ花水、乳酸桿菌/ブドウ果実発酵液、ボタンエキス、メロン胎座エキス、アカヤジオウ根エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、加水分解シルク、パルミトイルトリペプチド-38、プラセンタエキス、オタネニンジン成長点細胞培養順化培養液、加水分解エラスチン、フラーレン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ラウリン酸ソルビタン、トロポロン、デキストリン、キサンタンダム、スクロース、乳酸、チャ葉エキス、ヒアルロン酸Na、グリシン、セイヨウアカマツ球果エキス、パンテノール、塩化亜鉛、PEG-60水添ヒマシ油、ピロ亜硫酸Na、イソマルト、ヒドロキシエチルセルロース、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カプリルヒドロキサム酸、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、水酸化Na、安息香酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、PVP

 
割と何処を探しても全成分が記載されているサイトが無かったので、ここでは掲載しておきますね。
 
とにかく成分が多い……。89種類もあります。美容成分の多さもウリにしているようです。
 
 

■ジュメル アイクリームの購入方法

 
ジュメルのアイクリームは何処で購入出来るか、調べてみましたが、現在は公式サイトのみの取り扱いのようです。
 

楽天……取り扱い無し
amazon……取り扱い無し
店舗での取り扱い……無し

 

■ジュメル アイクリームの総合評価

★★★★☆
■メリット

・サラっとして快適

保湿力がある割に、ベタつかずサラっと快適に使えます。

・チューブが使いやすい

化粧品って入れ物によってちょっとストレスがあったりしますが、チューブタイプは衛生的だし使いやすいしで、地味に嬉しいです。

・目元とまつ毛のケアが一緒に出来

アイクリームって目元のケアだけってイメージがあったんですが、まつ毛にも使えるのが素敵です。

・うるおいによって目元にハリが出るような?

まだ使い続けて日が浅いですが、徐々に目元の乾燥がおさまって、うるおいでハリが出たように感じます。今後も使い続けて、どのように肌が変化するか楽しみ!

■デメリット

特徴が無い

良いことでもあるのですが、使っていてこれといった特徴を感じません。

十分な保湿による満足感の高いケアはしてくれるのですが、『もっと保湿感重視で!』や、『もっと香りみたいな楽しさ重視で!』という物足りなさを感じるかも。

■終わりに

目元の乾燥と色素沈着が気になって始めたアイクリームでしたが、何だか普通に調子が良くて、なんでもっと早く使わなかったんだろう……、という感じです。
 
なんたって【惑わせる「瞳」へ誘う美活習慣。】ですからね。
 
私も老若男女問わず惑わせまくって、【多摩地区のサキュバス】という異名をもらえる日が来るかもしれませんね。多摩地区に住んでませんけどね。
範囲としてはそのくらいを惑わせることが出来たら十分かなと思っております。